コンテンツにスキップする

ジェフリーズ、LMEの立会場取引から撤退-1年2カ月で

米ジェフリーズ・グループは、世界 最大の工業用金属取引所、ロンドン金属取引所(LME)の「リング」 と呼ばれる立会場で取引する会員となってから1年2カ月後に立会場取 引を停止した。同社は昨年、LMEで取引するブローカーのうち取引高 で上位5位以内に入ることを目指すと表明していた。

LMEの25日の会員向け通知書によると、ジェフリーズ・ベーチェ は現在、電子取引と電話での取引に限定される「カテゴリー2」のメン バーとなっている。カテゴリー2メンバーには、昨年LMEでの立会場 取引を停止した英バークレイズやフランスのナティクシスなどが含まれ る。

ジェフリーズの立会場取引停止により、LMEの立会場で取引が認 められている企業は米JPモルガン・チェースや仏ソシエテ・ジェネラ ルなど10社となった。LMEによると、リングで行われる取引は、リン グの価格に基づく電話取引を除き、全体の取引高の約5%を占めてい る。香港取引所は昨年LMEを買収した際、少なくとも2015年1月まで 立会場取引を継続する方針を示した。

金属業界と鉱業界で30年以上の経験を有するVTBキャピタルのア ナリスト、ウィクトール・ビエルスキ氏(ロンドン在勤)は「リング取 引が困難な状況にあるのは明らかだ」と指摘。「以前はリングメンバー になることが強く望まれていた。今では大部分がスクリーンでの取引に 取って代わられており、現物取引に100%注力していないのであれば、 リングメンバー会費の支払いを正当化するのは難しい」と述べた。

リングメンバーの年会費は立会場スタッフの人件費を除き5万5000 ポンド(約900万円)。サウスオールド・キャピタル(ニューヨーク) のマネジングパートナー、モ・アーマザデ氏の推計によれば、リング取 引チームの運営コストは年間200万-400万ポンドに上る可能性がある。

原題:Jefferies Exits Metals Trading on LME Floor After 14 Months (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE