コンテンツにスキップする

ユーロ高、14年のユーロ圏成長率押し下げ-野村のノルドビグ氏

今年のパフォーマンスが主要通貨で 2位となっているユーロ相場の大幅上昇により、2014年にかけてユーロ 圏の経済成長率が圧迫されると、 野村ホールディングスの為替調査担 当マネジングディレクター、イェンス・ノルドビグ氏が指摘した。

ユーロは年初来でドルに対し2.4%上昇し、デンマーク・クローネ に次ぐ上昇率となっている。ニューヨーク在勤のノルドビグ氏は、ユー ロ高が14年のユーロ圏の成長を0.5%下押しすると予測した。ユーロの パフォーマンスは12年には対ドルで主要16通貨中、下から5番目だっ た。

ノルドビグ氏はブルームバーグラジオのインタビューで「ユーロ相 場が相当動いたことや今後の輸出への影響を考慮すると、これは現実的 な問題になり始めている」と指摘した。

ユーロはニューヨーク時間25日午後0時19分(日本時間26日午前2 時19分)現在、0.4%安の1ユーロ=1.3508ドル。一時は0.5%安となっ た。10月25日には1.3832ドルと、11年11月以来の高値を付けている。

原題:Strong Euro to Cut Region’s 2014 Growth, Nomura’s Nordvig Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE