コンテンツにスキップする

NY原油(25日):続落、イラン核開発協議の暫定合意で

ニューヨーク原油先物相場は続落。 イランの核開発プログラムの限定と一部制裁緩和で暫定合意が成立した ことが影響した。ただ、同国の原油輸出を日量約100万バレルとする現 行規制は維持される。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州)のマイケル・リンチ社長は「イランをめぐる合意が 原油価格を押し下げている」と指摘。「きょうの市場は慎重かつ弱気 だ。すべての問題が解決したわけではないが、第一歩が踏み出された」 と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は前営業 日比75セント(0.79%)安の1バレル=94.09ドルで終了した。

原題:WTI Crude Declines for a Second Day After Iran Nuclear Agreement(抜粋)

--取材協力:Grant Smith. Editors: Margot Habiby, Charlotte Porter

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE