コンテンツにスキップする

米中古住宅販売成約指数:10月は5カ月連続のマイナス

10月の米中古住宅販売成約指数は5 カ月連続のマイナスだった。借り入れコストの上昇が不動産市場の回復 の足を引っ張っている。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した10月の中古住宅販売成約 指数(季節調整後)は前月比0.6%低下した。前月は4.6%の低下だっ た。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の予想中央値は前月比 1%上昇だった。

10月の成約指数は102.1で、年初来の最低。同指数の100は2001年の 平均的な活動水準を基準に「過去と比べて健全な」住宅購入がみられる 状況であることを示す。

地域別では全米4地域のうち2地域で成約指数が低下した。特に西 部は4.1%の低下だった。南部も低下した。一方、北東部と中西部は上 昇した。

い。

原題:Pending Sales of U.S. Existing Homes Drop for Fifth Month (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE