コンテンツにスキップする

新興市場株:続伸、イラン核協議合意を好感-インド株高い

25日の新興市場株式相場は続伸。イ ラン核協議合意を受けて原油相場が下落したことが手掛かりになった。

ソウル市場では、イランでの建設プロジェクトの一部が再開される との観測からサムスン・エンジニアリングなどの建設会社株が買われ た。インドの主要株式指数は1.3%高。原油安でインフレや経常赤字の 懸念が和らぐとの期待感が背景。

MSCI新興市場指数は香港時間午後2時6分(日本時間同3時6 分)現在、0.4%高の1012.94。イランは24日、同国に対する経済制裁を 一部緩和することと引き換えに、核開発プログラムに制限を設けること に合意した。制裁緩和対象は約70億ドル(約7100億円)相当。

原題:Emerging Stocks Rise for Second Day on Iran Accord as Baht Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE