コンテンツにスキップする

香港株(終了):下落-金相場安や中国石油化工での事故響く

香港株式相場は下落。先週ここ2年 で最大の週間上昇率だったハンセン中国企業株(H株)指数が反落し た。パイプラインの爆発事故が発生した中国石油化工 (SINOPEC)中心に、エネルギー株の下げが目立った。

中国石油化工(386 HK)は2.6%安。事故が発生した生産施設の操 業に支障が出るとの見通しを示した。中国2位の産金会社、招金鉱業 (1818 HK)は2.2%安。イラン核協議合意を受け、逃避先としての金の 需要が減ったことが響いた。

アジア最大のインターネット企業テンセント・ホールディングス (騰訊、700 HK)は3.2%高。国金証券にオンライン資産管理サービス を提供する契約を結んだことが材料視された。

ハンセン指数は前週末比11.83ポイント(0.1%)安の23684.45で取 引を終了。一時は0.6%高まで買われた。H株指数は0.5%安 の11387.21。中国が1990年代以降で最も大掛かりな政策転換の概要を示 したことからH株指数は先週、週間としては2011年12月以来の大幅な上 げとなっていた。

キムエン証券(香港)のセールストレーディング担当ディレクタ ー、アンドルー・サリバン氏は「相場を上向かせる新たな材料は全く見 当たらない」と指摘。「中国での改革実行には少し時間がかかる。手っ 取り早い対策などはない」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Fall as Gold Slides, Sinopec Drops After Blast (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE