コンテンツにスキップする

ベトナムのコーヒー農家、生豆認証制度で「将来明るく」

ベトナムでコーヒー農家を営む女 性、フン・チ・ヒューさん(53)は、20年前にコーヒーの木を植えて生 豆の栽培を始め、家族は貧困から抜け出すことができた。今では、世界 的な動きである「持続可能なコーヒー生豆栽培」に取り組んでいる。

「コーヒーは私の人生を変えた。将来は明るくなった」。小柄なヒ ューさんはそう語る。

ヒューさんは、コーヒー生豆栽培の恩恵を受けているベトナム人農 家の一人だ。生豆栽培で得た利益で小さな農場を拡張し、家族にオート バイを買い、孫たちにはチャンスを与えることができた。ベトナムはイ ンスタントコーヒーの原料となるロブスタ種コーヒー生豆の世界最大の 生産国。食品大手のスイスのネスレや、米モンデリーズ・インターナシ ョナルなどが中心となって進めている持続可能なコーヒー生豆栽培の取 り組みを通じて利益を上げたいと考えている。この取り組みでは、環境 面に配慮した農業によって栽培された、追跡可能な生豆の供給を保証 し、欧米の消費者のニーズに応えている。

モンデリーズのサステナビリティー(持続可能性)の欧州担当ディ レクター、フランチェスコ・トラモンティン氏は電話インタビューで 「消費者はコーヒーについてきちんと知り、納得して飲みたいと考えて いる」と指摘。「消費者は、当社のような大規模な買い入れ業者が行動 を起こすことを期待している。当社としても適切な品質のコーヒー生豆 を確保する必要がある」と述べた。

モンデリーズの欧州のコーヒーブランドに利用される生豆の全て が2015年までにレインフォレスト・アライアンスや4Cなどの認証機関 のサステナビリティー基準に適合する見通しだ。ネスレの農業担当世界 責任者、ハンス・ヨール氏の電子メールによると、同社は15年までに世 界で認証生豆18万トン以上を購入することを目指している。

企業と共同で農業プログラムなどを手掛けるIDHサステナブル・ トレードのベトナム担当マネジャー、フラビオ・コルシン氏によれば、 ネスレやモンデリーズなどの企業はベトナム中部の高地にある生豆産地 の農家に無料で訓練を提供し、認証生豆を通常より高い価格で買い取っ ている。ヨール氏によると、ネスレはこれまでに約4万人のコーヒー農 家を対象に訓練を実施した。

原題:Certified Coffee Brings Vietnam Farmers Promise: Southeast Asia(抜粋)

--John Boudreau、Diep Ngoc Pham. Editors: K. Oanh Ha, Lars Klemming

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE