コンテンツにスキップする

子供の交通事故死が米国の3倍-中国がチャイルドシート作戦

中国では昨年、交通事故で亡くなっ た子供の数が米国のほぼ3倍に達した。自動車台数が米国の半分以下で あるにもかかわらずだ。

中国政府は今年、シートベルト着用を怠ったり、運転中に携帯電話 を使用したりする行為への罰則を強化した。1%程度しか普及していな いチャイルドシートの取り付け促進が次の対策となる。世界保健機関( WHO)によれば、衝突時に首や脊髄への圧力を和らげるチャイルドシ ートは死亡を70%減らすことが可能だ。

フランスの自動車メーカー、プジョーシトロエングループ (PSA)の「シトロエン」ブランド担当最高経営責任者(CEO)、 フレデリック・バンゼ氏は北京でのインタビューで、「チャイルドシー トなしで子供を車に乗せるなんて全くばかげている」と述べた。

中国衛生省も同じ意見だ。同省の疾病管理予防センターはチャイル ドシート普及のための初の全国キャンペーンを年末に北京と上海、深圳 で開始する。

中国社会科学院によれば、中国では昨年、14歳未満の子供1万8500 人が交通事故で亡くなった。この年齢層の死因1位だ。WHOの2009年 の報告書によると、世界全体の交通事故の死者は年間120万人を上回 り、このうち途上国が90%余りを占めると推定される。

原題:China Pushing Child Safety Seats to Reduce Accident Toll: Cars(抜粋)

--Tian Ying. Editor: Chua Kong Ho

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE