コンテンツにスキップする

ポンド、エコノミスト警告でも上昇に勢い-市場は利上げ見込む

イングランド銀行(英中央銀行)が 金融刺激策の抑制に動くには、英景気回復の勢いは脆弱(ぜいじゃく) 過ぎるとエコノミストは分析しているが、外国為替市場ではこうした警 告は留意されず、3月以降のポンド上昇率は他の通貨をしのいでいる。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、英ポンドは2010年以来最も高水準にある。ポンドは3月12日以 降、ドルに対して8.8%上昇しており、その上昇率はブルームバーグが 調査する主要31通貨で最も大きかった。

英国では失業率が低下しインフレ率も目標を上回っており、主要中 銀の中で英中銀が引き締めの先陣を切るとトレーダーは予想。一方、20 日公表されたブルームバーグのエコノミスト調査では英経済がまだ「脱 出速度」に達していないとの見方が71%に上った。脱出速度とは、利上 げを可能にする状況を表現するのにカーニー総裁が用いている言葉。

HSBCホールディングスの通貨ストラテジスト、ダラ・マハー氏 (ロンドン在勤)は21日のブルームバーグテレビジョンとのインタビュ ーで、「最初の利上げ時期に関する市場の予想は早過ぎる。ポンドは下 落する可能性が高い」と述べた。

ブルームバーグ調査では、14年半ばまでのポンドの対ドル予想につ いてHSBCが最も弱気で、この間にポンドは1ポンド=1.48ドルに下 落すると予想する。約50人のアナリスト予想中央値は1.57ドル。先週末 時点のポンド相場は1.6226ドルだった。

原題:Pound Gulf Widens as Traders Reject Economist Doubts: Currencies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE