コンテンツにスキップする

イラン核協議合意、原油価格への影響小か-輸出解禁見送り

イランが核開発計画を縮小する見返 りに米欧が経済制裁の一部を緩和することで合意したが、イランの原油 輸出解禁が見送られたため、価格への影響は小さいとの見方をソシエ テ・ジェネラルのマーク・キーナン氏らアナリストが示した。

米ホワイトハウスによると、今回の合意後もイランの原油輸出は日 量約100万バレルにとどまる見通し。米政府が発表した声明によると、 経済制裁によってイランの原油輸出は2012年初め以降、60%減少し収入 が800億ドル(約8兆1000億円)以上減った。

野村ホールディングスの石油・ガス調査担当の地域責任者、ゴード ン・クワン氏は24日、香港からの電子メールで、この合意ではイランが 輸出を増やすことはできないため「価格に大きな影響が出るとは思えな い」と指摘。「原油市場は地政学的な高いプレミアムを解消する前にイ ランが合意を本当に順守するのかどうか、時間をかけて見極めようとす るだろう」と述べた。

原題:Oil Prices Seen Showing ‘Muted’ Impact From Iran Nuclear Accord(抜粋)

--取材協力:Pratish Narayanan、Nayla Razzouk、Kambiz Foroohar、Debjit Chakraborty. Editors: Bruce Stanley, Mike Harrison

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE