コンテンツにスキップする

ヘッジファンド金買い越し減-ポールソン氏も金投資増やさず

ヘッジファンドによる金の買い越し が4カ月ぶりの低水準に減少した。この後、週間ベースの金相場は9月 以降で最大の下落率を示した。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジファ ンドなど大口投機家による金の先物とオプションの買い越しは19日終了 週に20%減少し4万4291枚と、7月9日以来の低水準となった。売りポ ジションが16%増加し8月6日以来の高水準となる一方、買いポジショ ンは2.5%減少した。投資家が銅相場について7月以降で最も弱気な姿 勢を示すとともに銀の持ち高が過去5カ月で最大の減少を示したため、 米国で取引される商品18銘柄の買い越しは12%落ち込んだ。

米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、向こう数カ月間に刺激策 を縮小する可能性を示唆。米資産家ジョン・ポールソン氏は同日、顧客 に対し、インフレが加速する時期が明確ではないため、個人的に自身の 金ファンドへの投資を増やさない意向を示した。

ダブルライン・キャピタル(ロサンゼルス)で530億ドル相当の運 用に携わるジェフリー・シャーマン氏は「FRBが刺激策を縮小する可 能性があるため、インフレは予測し難い」と指摘。「インフレ懸念がな ければ金は購入されないだろう」と述べた。

原題:Hedge Fund Gold Bets Less Bullish as Paulson Holds: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE