コンテンツにスキップする

米ゴールドマンがウラン取引部門の売却を模索-関係者

米ゴールドマン・サックス・グルー プがウラン取引部門を売りに出したことが、事情に詳しい関係者1人の 話で分かった。ウラン価格が下落している上、銀行の商品関連業務に規 制当局が監視を強めていることが背景にある。

決定は公表されていないとして関係者は匿名を条件に語った。この 動きについては、エネルギー関連のニュースサイト、スパークスプレッ ドが22日に先に報じていた。

東京電力福島第1原発事故後の相次ぐ原発運転停止でウランの需要 が落ち込み、価格も下落している。JPモルガン・チェースやUBSな どの銀行は、汚染水漏れ問題で日本の原発の再稼働には予想以上に時間 がかかるとの観測から、来年のウラン価格見通しを下方修正している。

米議会や規制当局は、銀行が自社の利益のために商品現物市場での さまざまな役割を乱用したり、こうした業務が銀行財務の安定にリスク を突き付けたりする恐れがあると懸念しており、米連邦準備制度理事会 (FRB)はゴールドマンなどの企業の審査を進めている。

原題:Goldman Sachs Said to Seek Buyer for Uranium Unit as Prices Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE