コンテンツにスキップする

中国:東シナ海に防空識別圏を設定-日中間の緊張高まる恐れ

中国政府は23日、東シナ海に防空識 別圏を設定したと宣言した。日本と中国は東シナ海の尖閣諸島(中国 名・釣魚島)をめぐって対立しており、中国側の今回の動きで、日中間 の緊張が高まる恐れがある。

中国の防空識別圏設定は国営新華社通信が英語で公表し、国防省の ウェブサイトには同省スポークスマンの質疑応答も掲載された。

中国国防省スポークスマンは英語での声明で、「防空識別圏は中国 が自衛権を行使するために必要な措置だ」と指摘。「特定の国や対象に 向けられたものではない。関係する空域の飛行の自由に影響を与えな い」と説明した。

同日付の共同通信は、外務省の伊原純一アジア大洋州局長が中国の 韓志強駐日公使に電話し、同国が発表した防空識別圏に沖縄県の尖閣諸 島上空が含まれていることに厳重抗議したと報じた。自衛隊は東シナ海 で中国軍の動向について監視を強める考えとしている。

原題:China Declares Air Defense Zone in East China Sea Amid Japan Row(抜粋)

--Nerys Avery, 取材協力:Kathleen Chu、伊藤小巻. Editor: Jim McDonald

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE