コンテンツにスキップする

欧州株:総じて高い、独景況感改善で-デーリー・メールに買い

22日の欧州株式相場は総じて高い。 ドイツの11月の企業景況感が2012年4月以来の高さとなったことが好感 された。

英メディア企業、デーリー・メール・アンド・ゼネラル・トラスト は3.5%上昇。同銘柄の投資判断をバークレイズが上方修正した。英ホ テル・外食大手のウィットブレッドは3%高。JPモルガン・チェース による投資判断の引き上げが買い材料。一方、ドイツで病院経営に携わ るルーン・クリニコムは3.3%下げた。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%高の322.77で終了。騰落比率 はほぼ3対2。前週末比では0.1%下げた。ドイツのIfo経済研究所 が発表した11月の独企業景況感指数は109.3と、前月の107.4から上昇 し、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値(107.7)も上 回った。

サクソバンク(コペンハーゲン)の株式ストラテジスト、ピータ ー・ガーンリ氏は電話インタビューで、「ドイツの企業景況感のデータ は、来年に入るに当たり経済成長が強まる可能性があるとの見方を裏付 けた」とし、「株式が大きく上げたが、その大部分は相場の勢いに好影 響をもたらすポジティブなデータに裏付けられている」と続けた。

22日の西欧市場では、18カ国中13カ国で主要株価指数が上昇。英 FTSE100指数は0.1%安となったが、独DAX指数は0.3%、仏 CAC40指数は0.6%それぞれ上げた。

原題:Most European Stocks Rise Amid German Business Confidence Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE