コンテンツにスキップする

太ったパイロットを検査、睡眠時無呼吸症が心配-米航空当局

米国では太り過ぎのパイロットと航 空管制官が医師の検査を受けることになる。睡眠時無呼吸という症状が 「安全に関し重大な意味」を持つためと米連邦航空局(FAA)の医療 担当当局者が明らかにした。

フレッド・ティルトン連邦航空医務官の四半期医療報告書によれ ば、肥満度指数(BMI)40以上のパイロットは飛行を認められるため に資格のある睡眠専門医師の検査を受けなければならない。

睡眠時無呼吸症は熟睡を妨げ、日中の過度の眠気や高血圧、人格障 害、突然の心臓死をもたらすリスクがあるとティルトン医務官は説明し ている。

原題:The FAA Will Screen Fat Pilots for Sleep Apnea(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE