コンテンツにスキップする

コカイン入りリュック横須賀に相次ぎ漂着-71億円相当密輸か

神奈川県横須賀市と周辺の海岸で コカインの入ったリュックが相次いで見つかった。警察によると、合わ せて118キログラム、末端価格で71億円相当。南米産のものが密輸中に 流れ着いたと見られている。

神奈川県警によると、横須賀市の海岸で地元漁師の男性(74)が19日 朝5時半ごろ、リュックサックを4つ発見した。そのうち3つに20キロ ずつ、残りの1つに18キロのコカインが入っていたという。また21日に は約8キロメートル離れた葉山町の海岸と、約2キロ離れた市内御幸浜 の海上自衛隊の敷地内の海岸で、それぞれ20キロのコカイン入りのリュ ックが1つずつ見つかった。コカインは全て1キログラムずつ、水に濡 れないよう袋に小分けにされていた。県警の担当者が内規を理由に匿名 で明らかにした。

19日に見つかったリュック4つは、ロープとテープでひとまとめに され、ペットボトルと浮き輪用とみられるポリタンクが結びつけられて いた。ペットボトルのサイズは約4リットルで、中には蛍光色の棒が入 っており、県警では海上での引き渡しに使う目的だったとみている。

21日に発見されたリュックは2つとも肩ひもの一部が破り取られて おり、先に発見されていたリュックを結び付けていたロープに、取れた とみられる肩ひもが結びついていた。県警では、少なくとも3~4日間 は海上を漂流していたとみている。リュックはいずれもタイ製で、「f eel free」と書かれたロゴが施されているという。

年間押収量を大幅に超える

警察白書によると、コカインの押収は12年に6.6キログラムで、11 年の28.7キログラムから急減した。去年、押収量が最も多かったのは乾 燥大麻の301.8キログラム、次いで大麻樹脂が41.7キログラム。それぞ れ1年前の134.7キログラムと28キログラムから急増した。

県警によると、横須賀市では過去に大麻などが漂着したことはあっ たが、コカインが漂着するのは全国的にも珍しい。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE