コンテンツにスキップする

フォックスコン、米ペンシルベニア州で4000万ドルの投資計画

米アップルのスマートフォン(多機 能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」やタブレット端末「i Pad(アイパッド)」を生産する台湾系の富士康科技集団(フォック スコン)が、米ペンシルベニア州で総額4000万ドル(約40億5000万円) の投資を計画していることが21日明らかになった。

フォックスコンの中核企業である鴻海精密は、通信関連部品などハ イテク製品の生産に3000万ドル、ピッツバーグのカーネギーメロン大学 でのロボット研究に1000万ドルをそれぞれ投じる。ペンシルベニア州の 地域振興・経済開発省のウォーカー長官がワシントンのイベントで明ら かにした。

フォックスコンは昨年12月、自社製品の米国内での生産を増やすこ とを求める顧客の要望に対応し、北米事業を拡大する方針を示してい た。広報担当のルイス・ウー氏が当時語ったところでは、同社の従業員 数は米カリフォルニア州とテキサス州の生産拠点を含めて、世界全体 で160万人に上る。

ウォーカー長官によると、訪米中の郭台銘会長がペンシルベニア州 と覚書を交わす。

原題:IPhone Maker Foxconn to Invest $40 Million in Pennsylvania (抜粋)

--取材協力:Debra Mao. Editors: Jon Morgan, Michael Shepard

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE