コンテンツにスキップする

サウジのアルワリード王子:フォーシーズンズなどのIPO検討

米シティグループなどに出資するサ ウジアラビアの富豪アルワリード王子は、ホテルチェーン運営のフォー シーズンズ・ホールディングスやフェアモント・ホテルズ・アンド・リ ゾーツについて、新規株式公開(IPO)などの選択肢を検討してい る。

アルワリード王子率いるサウジアラビアの投資会社キングダム・ホ ールディングは、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長と共にフォーシー ズンズ株の95%を保有している。王子は20日、シカゴでブルームバーグ テレビジョンとのインタビューに応じ、フォーシーズンズとフェアモン トの両社についてIPOや合併などの戦略的選択肢を検討していると語 った。

王子はブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ ピー主催の会議で、「われわれの現在の目的は両社を成長させ、収益化 プロセスを進めることだ」と指摘。「ホテル業界は現在、大きな上昇傾 向にあり、これは今後3-4年続く可能性がある。そのため、われわれ には今チャンスが訪れている」と述べた。

アルワリード王子とゲイツ氏は2007年、フォーシーズンズを38億ド ル(現在のレートで約3840億円)で買収し、株式を非公開化した。ま た、王子は06年に米コロニー・キャピタルなどの投資家グループを率 い、32億4000万ドルでフェアモントを買収した。

原題:Billionaire Alwaleed Weighs IPOs for Four Seasons, Fairmont(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE