コンテンツにスキップする

NY原油時間外:3週間ぶり高値近辺-米失業保険申請件数減

ニューヨーク原油先物相場は22日の 時間外取引で3週間ぶり高値近辺で推移。米失業保険新規申請件数が約 2カ月ぶりの低水準まで減少した。

週間ベースでは7週間ぶりの上昇になりそうだ。米労働省による と、先週の失業保険新規申請件数は2万1000件減少し32万3000件となっ た。これは9月28日終了週以来の低水準。ブルームバーグ・ニュース が47人のエコノミストに調査した予想中央値は33万5000件だった。イラ ンの核開発をめぐる国際協議は合意に達しなかった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2014年1月限は シドニー時間午前11時36分(日本時間同9時36分)現在、23セント安の 1バレル当たり95.21ドルで推移。前日の通常取引は1.59ドル(1.7%) 高の95.44ドルで引けた。終値としては10月31日以来の高値。全限月の 取引高は100日平均を約83%下回った。今週の上昇率は1.5%。

原題:WTI Oil Trades Near Three-Week High as Jobless Claims Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE