コンテンツにスキップする

欧州委:ポルトガル憲法裁の違憲判断で市場回帰はより困難に

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会は、ポルトガルの憲法裁判所が政府緊縮策に対する違憲判決 を続けた場合、同国が債券市場へのアクセスを完全に回復することは一 段と困難になる可能性があると指摘した。

欧州委員会は21日、ポルトガル支援計画の8、9回目の査定をまと めた報告書を発表し、「憲法裁判所がこれ以上否定的な判断を下すこと によるリスクを見過ごすわけにはいかない。憲法裁が否定的な判断を下 せば、政府が目指す2014年半ば以降の債券市場への完全なアクセス回復 は一層厳しくなる恐れがある」と指摘した。

ポルトガル議会は今月26日に2014年予算承認をめぐる採決を実施す る。予算には13億ユーロの人件費削減が盛り込まれている。憲法裁判所 は今年に入ってすでに3度、公務員の給与カットなどを含む緊縮案は違 憲とする判断を下している。

原題:EU Says Portugal Court Rulings May Complicate Return to Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE