コンテンツにスキップする

ドイツ銀トレーダーをFBIが事情聴取、為替操作疑い捜査

米連邦捜査局(FBI)の捜査官が 為替市場操作の疑いをめぐる捜査の一環として、ドイツ銀行のトレーダ ー、ロバート・ウォールデン氏から事情を聴取したと、関係者が明らか にした。

事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べたところによると、FBI の捜査官らはニューヨーク在勤のウォールデン氏を自宅に訪ね、同氏の 電子メッセージの抜粋を見せた。メッセージは同氏が自分には市場操作 が可能だと考えていることを示唆する内容だったという。同氏が外国為 替レートを操作しようとした証拠はないため、ドイツ銀は同氏を停職に はしていないと関係者は付け加えた。

ドイツ銀は21日のブルームバーグ・ニュース宛ての電子メールで、 為替市場を調査している監督当局に協力しているとし、一段のコメント は控えた。ウォールデン氏に取材を試みたが応答はない。司法省の広報 部への電話には応答がない。

FBIによるウォールデン氏の事情聴取については、先に米紙ウォ ールストリート・ジャーナルが報じていた。

原題:FBI Said to Question Deutsche Bank Trader in Currency Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE