コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:香港、印株下落-米緩和縮小観測

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。英HSBCなどが発表した11月の中国製造業 購買担当者指数(PMI)速報値は4カ月ぶりに低下。20日公表された 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録は、刺激策縮小が予想よりも 早まる可能性を示唆した。

ベビーケア用品メーカーの青蛙王子(1259 HK)は22%安。空売り 投資家が同社会計に関する疑問を示して売買停止となり、21日に取引が 再開された。中国最大の産金会社、紫金鉱業(2899 HK)は2.2%安。米 債券購入規模の縮小が、逃避先資産としての金の需要を低迷させるとの 観測が強まった。

一方、人民元上昇と航空規制緩和に向けた改革への期待感から、中 国国際航空(753 HK)を中心とする航空会社株は買われた。

ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.9%安の11333.14で取 引を終了。同指数は前日、8カ月ぶり高値となり、年初来の下げを解消 していた。ハンセン指数は前日比120.57ポイント(0.5%)安 の23580.29。

VCブローカレージの香港在勤ディレクター、ルイス・ツェ氏は 「最近の株価は上がり過ぎており、中国PMIの結果は年末に向けた利 益確定売りの良い口実となった」と指摘した。

【中国株式市況】

中国株式相場は総じて下落。英HSBCなどが発表した11月の中国 製造業購買担当者指数(PMI)速報値が低下したのに加え、政府が不 動産規制を打ち出すとの観測が広がった。

中国の2大不動産開発会社である万科企業(000002 CH)と保利房 地産集団(600048 CH)は約3%の下げ。新華人寿保険(601336 CH)は 9月以来で最大の下落となった。チューリヒ・インシュランス・グルー プによる全保有株放出が響いた。

中国国際航空(601111 HK)は続伸し、航空株の上げをけん引。石 油・ガス生産で中国最大手ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)と エン州煤業(600188 CH)は石油株と石炭株の上昇を主導した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比0.85ポイント安の2205.77。上海、深圳両証 取のA株に連動するCSI300指数は同0.6%安の2409.99。

楼継偉財政相は人民日報に掲載されたインタビューで、不動産保有 に対する課税を強化する方針を明らかにした。宏源証券の唐永剛アナリ ストは、市場には「増税がどのように実施されるかについて、多大な懸 念と不透明感がある」と指摘した。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落し、指標のS&Pセンセックス指数は約2カ 月ぶりの大幅安となった。20日公表された米連邦公開市場委員会 (FOMC)議事録で、量的緩和が数カ月内に縮小される可能性が示さ れたことから、売りが優勢となった。

ICICI銀行は1.8%下落し、銀行株指数は1週間ぶり低水準と なった。エンジニアリング会社ラーセン・アンド・トゥブロが11日以来 の大幅安となるなど、資本財銘柄は総じて安い。たばこメーカーの ITCは2.4%下げた。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比406.08ポイント(2%) 安の20229.05で終了。これは9月3日以降で最もきつい値下がり。同指 数のボラティリティ指数(10日ベース)は先月4日以来の高水準に上昇 した。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比19.35ポイント(0.4%)安 の5288.32。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比23.46ポイント(1.2%)安の1993.78。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比105.01ポイント(1.3%)安の8099.45。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE