コンテンツにスキップする

野村と英インターミディエート,日本でメザニンファンド設立へ

英インターミディエート・キャピタ ル・グループと野村ホールディングスは、日本でメザニン債ファンドを 設立することで合意した。日本の景気回復に伴う資金需要の高まりを受 けて設立を決めた。

プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社向けファイナ ンスを手掛けるインターミディエート・キャピタル(ロンドン)と野村 は100億円ずつをファンドに出資する。野村が21日発表した。

メザニンファイナンスは借り入れと株式発行の中間の資金調達方法 で、融資が期限までに全額返済されない場合、貸し手は債権を借り手企 業の持ち分や株式に転換できるものが多い。銀行などの優先債権者に比 べ弁済順位は低い。

インターミディエート・キャピタルは別の発表文で「日本市場が現 政権の経済政策の恩恵を受けるのに伴い、メザニンファイナンスの需要 は高まると予想される。ファンドの形でメザニン投資を提供すること で、機関投資家に新たな投資機会を与えることになる」と説明した。

原題:Intermediate Capital and Nomura Set Up Japanese Mezzanine Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE