コンテンツにスキップする

中国信達資産管理の香港IPO、最大2470億円規模に-関係者

銀行不良資産の受け皿として中国政 府が1999年に設立した4社の一つ、中国信達資産管理は、香港での新規 株式公開(IPO)を最大190億香港ドル(約2470億円)規模とする計 画だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

情報は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれ ば、中国信達はIPO価格を1株当たり3-3.58香港ドルとする方針。

関係者はまた、バンク・オブ・アメリカ(BOA)とクレディ・ス イス・グループ、ゴールドマン・サックス・グループ、モルガン・スタ ンレー、UBSなどが中国信達のIPO業務に起用されたと語った。

昨年10月に公表された社債目論見書によれば、中国財政省が中国信 達の83.5%を保有しているほか、同国の年金基金が8%、UBSが 5%、中信資本が2%、スタンダードチャータードが1.5%をそれぞれ 持っている。

原題:China Cinda Said to Seek Up to $2.45 Billion in Offering (1)(抜粋)

--取材協力:Fox Hu. Editors: Ben Scent, Philip Lagerkranser

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE