コンテンツにスキップする

クレディS:組織改変へ、規制対応-欧州投資銀事業は英国を核に

スイスの銀行2位、クレディ・ス イス・グループは、法律上の組織体系を変更する。「大き過ぎてつぶせ ない銀行」に関するスイスの規制に対応する。

21日の発表によると、クレディ・スイスはスイスと英国、米国の事 業を別々の部門とする。2015年半ばから変更に着手する。同計画にはス イスの監督当局の承認が必要。

スイスの規制によると、同国の大手銀は資産を圧縮するか、危機時 にもスイス国内で金融システムにとって重要な機能を果たせることを示 せば資本比率の最低基準を下げることができる。

クレディ・スイスの組織体系変更後、ウェルスマネジメントとリテ ール、法人・機関投資家向け事業を含む国内事業はスイス部門となる。 英国の既存各事業は統合され、英部門が欧州投資銀行事業の中核とな る。米部門の下には米国での事業のほか、米当局の承認が得られれば現 在ロンドンの部門に帳簿処理されている米デリバティブ(金融派生商 品)事業を取り込む。

原題:Credit Suisse to Change Legal Structure to Improve Resolution(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE