コンテンツにスキップする

ベトナム株に投資家殺到、モビアス氏十分取得できず-外資規制

ベトナムの一部企業に外国人投資家 が殺到しているが、政府により外資の出資が制限されているため、株式 の供給が底を付いている。この結果、同国ではインフレが鈍化し景気が 回復する状況下で、一部の海外投資家が締め出されている。

ACBセキュリティーズ(ホーチミン)によると、ベトナム最大の 乳製品メーカーのベトナム乳業(ビナミルク)や同国最大の上場製薬会 社のDHG製薬など20社は外資による出資比率の上限が49%。外国人投 資家は今年に入り、純ベースで2億850万ドル(約210億円)相当のベト ナム株を取得した。ベトナム株の指標のVN指数が22%上昇する中、8 年連続の資金流入となっている。

ズン首相率いる共産党政権は国内経済への規制を緩和しており、外 国人の株式取得は2008年以来で最速のペースとなっている。テンプルト ン・エマージング・マーケッツ・グループとドラゴン・キャピタル・グ ループは株式を欲しいだけ取得することができないと指摘。一方、 PXPベトナム・アセット・マネジメントは一部企業の出資比率の上限 が年末にも60%に引き上げられるため、相場上昇が続くと予想する。

テンプルトン・エマージング・マーケッツ・グループのマーク・モ ビアス会長は5日の電話インタビューで、「両刃の剣のような状況だ。 投資を始めるのは難しいが、一度投資してしまえば、かなり順調な成績 を上げられる可能性がある」と述べた。

原題:Mobius Can’t Buy Enough Vietnam Equities on Foreign Limits (1)(抜粋)

--Nguyen Kieu Giang, 取材協力:Sharon Cho、Rita Nazareth. Editors: Michael Patterson, Philip Revzin

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE