米銀ゴールドマン・サックス・グル ープは、外国為替市場で投資の方向を誤り、7-9月(第3四半期)の 為替トレーディング収入が急減したと米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ)が報じた。

同紙は複数の関係者の話として、米ドルと円に連動するストラクチ ャードオプションの取引が、トレーディング収入を悪化させる原因とな ったと報道した。同行の外為オプションデスクが純損失を計上したとい う。取引の規模やどのくらい期間にわたって行われたかは明らかではな い。

ゴールドマンの広報担当マイケル・デュバリー氏はコメントを控え ている。同行のトレーディング収入はウォール街の大手銀行の中で最も 落ち込んでおり、7-9月にトレーディング業務で損失を出した日数 も15日と、2011年以来で最も多くなっている。

一方、ロイター通信は、ゴールドマンが7-9月に為替商品で10億 ドル(約1000億円)を上回る損失を計上したことが、米証券取引委員会 (SEC)と連邦準備制度への届け出で明らかになったと伝えた。事情 に詳しい関係者2人の発言を引用したところでは、連邦公開市場委員会 (FOMC)が債券購入の継続を決定したことを受けて、新興市場のポ ジションが損失を発生させた。

原題:Goldman’s Currency-Trading Revenue Fell on Options Bet, WSJ Says(抜粋)

--取材協力:Darren Boey. Editors: Chitra Somayaji, Peter Eichenbaum

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE