コンテンツにスキップする

中国:11月のHSBC製造業PMI低下-回復への逆風強まる

中国の11月の製造業活動を示す民間 の指数は4カ月ぶりに低下した。共産党中央委員会第3回総会(3中総 会)を経て指導部は1990年代以来となる広範な改革に踏み出したが、足 元では景気回復への逆風が強まっている。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが21日 発表した11月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は50.4。10 月の50.9から低下し、ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場関係者 の予想中央値50.8も下回った。同指数は50を上回ると製造業活動の拡大 を示す。

製造業活動の伸び鈍化は、李克強首相が掲げる金利規制緩和などの 改革パッケージ実行を一層困難にするとみられる。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤)は 発表資料で「中国の成長の勢いは若干弱まった」と指摘した。11月の同 指数では新規輸出受注の弱さや在庫積み増しペース鈍化などが示された という。

屈氏はその上で「11月の製造業PMIはなおこの7カ月で2番目に 高い水準だ。インフレ圧力が弱まっていることで、中国当局は成長を支 えるために割合に緩和的な政策を維持することが可能なはずだ」との見 方を示した。

原題:China Manufacturing Gauge Shows First Decline in Four Months (1)(抜粋)

--Scott Lanman, 取材協力:Xin Zhou、Nerys Avery. Editors: Sunil Jagtiani, Nerys Avery

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE