コンテンツにスキップする

アルワリード王子:ツイッターは収益性に重点を置く必要ある

簡易ブログ運営の米ツイッターに2 年前に3億ドル(現在のレートで約300億円)を投資したサウジアラビ アのアルワリード王子は、事業の収益性に重点を置く必要があると述べ た。同社は新規株式公開(IPO)で18億2000万ドルを調達した。

アルワリード王子はブルームバーグテレビジョンが放送した「チャ ーリー・ローズ」ショーでのインタビューで、「現時点の問題は収益化 プロセスをどう見るかだ」と指摘。「ツイッターは船出したばかりで、 銀行に今多くの資金を預けている。米国や世界の市場への浸透率はまだ ごくわずかであるため、依然として大きな成長の可能性がある」と語っ た。

アップルやシティグループにも投資するアルワリード王子は2011 年12月に、自身が率いる投資会社とともにツイッターに3億ドルを投資 することに合意した。ツイッターは約7000万株をIPOで売却。今月7 日の上場初日に同社株は73%上昇した。

アルワリード王子や他の内部関係者がツイッター株をIPOで手放 さなかったのは、赤字経営の同社が2億人を超すユーザーから利益を得 ることができると強気な見方をしているからだ。王子は「ツイッターを 分析したときに、同社のビジネスモデルを信頼した。収益化プロセスは 成功するだろう。そのプロセスで多少の成果が見えている」と語った。

原題:Billionaire Alwaleed Says Twitter Should Make Money Post IPO (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE