コンテンツにスキップする

シンガポール:13年成長予想引き上げ-7~9月は予想外に拡大

シンガポールは2013年の経済成長予 想を引き上げた。7-9月(第3四半期)が予想を上回るプラス成長と なり、景気刺激策を見送るシンガポール通貨庁(MAS、中央銀行に相 当)の判断を裏付ける内容だった。

同国通産省によると、13年の成長率の予想は3.5-4%、14年は最 高4%。従来は今年が最大で3.5%としていた。7-9月期の国内総生 産(GDP)は前期比年率で1.3%増。速報値は1%減だった。

米債務問題や始まったばかりの欧州の景気回復に伴うリスクはある ものの、アジア経済は米金融刺激策による需要拡大の恩恵を受けてい る。通産省はシンガポールの輸出について、今年の縮小の後で14年は回 復するとの見通しを示しており、輸出支援を目的とした通貨安による刺 激の必要性が和らいだ。

DBSグループ・ホールディングスのシンガポール在勤エコノミス ト、アービン・シーア氏は統計発表前に、「このところ製造業で景気回 復の兆しが見られる」と指摘。「アジア全体が改善を示している」と述 べた。

7-9月期GDPは前年同期比5.8%増。速報値は5.1%増だった。

原題:Singapore Raises 2013 GDP Forecast After Third-Quarter Expansion(抜粋)

--取材協力:Sarina Yoo. Editors: Shamim Adam, Malcolm Scott

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE