コンテンツにスキップする

ECB、銀行監督当局トップにヌイ氏指名-論争受け女性登用

欧州中央銀行(ECB)は新しい銀 行監督当局のトップにフランス出身の女性ダニエル・ヌイ氏を指名し た。1年前から続いている男女格差解消をめぐる論争で、ECB最高幹 部に女性が少ないことが指摘されていた。

ECBは電子メールで20日配布した声明で、「ECB政策委員会は ダニエル・ヌイ氏を単一監督メカニズム(SSM)監督委員会の委員長 に指名した」と発表。ヌイ氏は27日に欧州議会の経済金融問題委員会で 証言する。

ヌイ氏(63)はフランス銀行(中銀)に40年近く勤務し、欧州銀行 監督機構(EBA)の前身である欧州銀行監督者委員会(CEBS)の 幹部を務めた経歴を買われて銀行監督当局トップの最有力候補に浮上。 経済金融問題委のシャロン・ボウルズ委員長らはECBには権限を持つ 女性が十分にいないと批判してるが、ヌイ氏の指名はこうした批判を和 らげることにつながる。

原題:ECB Nominates Nouy for Supervisor Job After EU Spat Over Gender(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE