コンテンツにスキップする

投資家の5人に4人、米緩和縮小は3月以降と予想-BN調査

世界の投資家の5人に4人は米連邦 準備制度理事会(FRB)が債券購入の縮小に踏み切るのは来年3月以 降になると予想している。「ブルームバーグ・グローバル・ポール」 (19日実施)の調査結果で明らかになった。12月の緩和縮小を予想する 回答は5%にとどまった。

ブルームバーグと契約している世界の投資家やトレーダー、アナリ ストを対象に実施した同調査によれば、3月以降の縮小の予想のうち、 開始時期を3月とした回答と、4月以降とした回答は半々だった。

FRBの利上げ開始時期については、過半数の回答が2015年中と予 想。15年の前半と後半ではほぼ同数だった。来年中とした回答は2割 弱。25%強が16年以降と予想した。

次期FRB議長に指名されているイエレンFRB副議長について は、議長に就任すればバーナンキ議長と似通った金融政策を推し進める だろうとの回答が3分の2強に上り、9月に実施した前回調査の47%か ら増えた。

イエレン氏の金融政策がバーナンキ議長よりも緩和的になるとした 回答は20%、引き締め的になるとの回答は10%弱だった。

ブルームバーグの委託でセルザーが750人を対象に調査。誤差率は プラスマイナス3.6%。

原題:Investors Forecast Fed QE Taper in March or Later in Global Poll(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE