コンテンツにスキップする

ドイツ国債が上昇-ECBがマイナス金利を検討との観測

20日の欧州債市場ではドイツ国債が 上昇し、2年債利回りは1週間ぶり低水準を付けた。欧州中央銀行( ECB)が景気支援とデフレ回避のためマイナス金利を検討していると の見方が広がった。

イタリア10年債は下げ幅を削った。ECBは中銀預金金利をマイナ スにする場合は通常よりも小幅な引き下げとすることを検討している と、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。この日は10月の米連邦公 開市場委員会(FOMC)議事録が公表される。バーナンキ米連邦準備 制度理事会(FRB)議長は19日、政策金利は債券購入終了後もゼロ付 近にとどまるだろうとの見解を明らかにした。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は、ECBをめぐり「観測が強 まりつつあるようだ」と指摘。「デフレリスクの高まりを示す兆候が出 た場合、ECBには講じることができる手段が幾つかあることは確か だ。その一つは中銀預金金利をマイナスにすることだ。これが短期債の 支援材料なのは明らかで、ドイツ国債を多少押し上げるのに役立った」 と語った。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ2年債利回りは前日比2ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.10%。一時は0.091% と、12日以来の低水準となった。同国債(表面利率ゼロ%、2015年12月 償還)価格はこの日、0.04上げ99.80。5年物利回りも2bp下 げ0.64%、10年物利回りはほぼ変わらずの1.71%。

イタリア10年債利回りは2bp上昇の4.08%。7日には4.04%まで 下げ、5月28日以来の低水準となった。

英国債相場は続落し、10年債利回りは1bp上昇し2.74%。一時は 5bp上昇した。同国債(表面利率2.25%、2023年9月償還)価格 は0.11下げ95.84。

原題:German Notes Advance as ECB Said to Mull Negative Deposit Rate(抜粋) Pound Rises Against Dollar After BOE Minutes, Jumps Versus Euro (抜粋)

--取材協力:Sonia Sirletti. Editors: Paul Dobson, Nicholas Reynolds

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE