コンテンツにスキップする

米小売売上高:10月は前月比0.4%増、予想を上回る

10月の米小売売上高は予想を上回る 伸びを示した。一部政府機関の閉鎖による個人消費への影響は予想ほど 大きくなかったとみられる。

米商務省が発表した10月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比0.4%増加した。これは過去3カ月で最大の伸び。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は前月比0.1%増 加だった。9月は横ばい(速報値は0.1%減)に修正された。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのエコノミスト、マイケ ル・ブラウン氏は、「政府機関の一部閉鎖による経済への影響について は若干、大げさに言われていたのだろう」と述べ、「年末商戦を控え て、これは歓迎すべきニュースだ」と続けた。

売上高は主要13項目のうち9項目で増加。特に自動車や百貨店、衣 料品、電気製品などが好調だった。

自動車・同部品は1.3%増、前月は1.2%減。ガソリン価格の低下が 響き、ガソリンスタンドの売上高は0.6%減少した。

国内総生産(GDP)の算出に使用される自動車、ガソリン、建築 資材などを除くコア売上高は0.4%増と、前月の0.3%増から伸びが加速 い。

原題:Retail Sales in U.S. Increased More Than Forecast in October (2)(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche. Editor: Vince Golle

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE