コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:香港、中国株上昇-インド株下落

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン中国企業株(H株)指数が年初来の 下げを消した。中国人民銀行(中央銀行)が外国為替市場の規制を緩和 する計画の詳細を公表したことが背景。

時価総額で世界3位の株式市場運営会社、香港取引所(388 HK)が 3%高。モルガン・スタンレーによる投資判断引き上げが好感された。 国内線運航で中国最大手の中国南方航空(1055 HK)は6.3%高と、航空 株の上昇をけん引した。

H株指数の終値は前日比0.6%高の11437.44。年初来ではプラスに 転じた。ハンセン指数は前日比43.05ポイント(0.2%)高の23700.86 と、2月1日以来の高値で取引を終えた。

人民銀の周小川総裁は、中国共産党が開いた第18期中央委員会第3 回総会(3中総会)の指針で、人民元相場の許容変動幅を拡大するなど の計画を明らかにした。

UOBケイ・ヒアン・ホールディングスの法人セールスディレクタ ー、梁偉源氏は「元相場は次第に上昇し、株式や不動産といった資産が 買われるだろう」と指摘。「香港株が元相場をめぐる最新の動きの恩恵 を受けるのは間違いない。3中総会の詳細公表後に市場心理はすっかり 変わった」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数が約1カ月ぶりの高値となっ た。中国人民銀行(中央銀行)が金融市場をめぐる規制緩和策の詳細を 公表したことが好感された。

海通証券(600837 CH)と中国建設銀行(601939 CH)が証券・銀行 株の上げをけん引した。中国国際航空(601111 CH)と中国南方航空 (600029 CH)はいずれも3.5%を超える上昇。空域管理規則が年内にも 示される可能性があると上海証券報が報じ、政府が航空混雑の緩和を検 討しているとの観測が広がった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比13.49ポイント(0.6%)高の2206.61と、10 月22日以来の高値で取引を終了。上海、深圳両証取のA株に連動する CSI300指数は同0.5%高の2424.85。

人民銀の周小川総裁は、人民元相場の許容変動幅拡大や海外投資家 による投資額の上限撤廃を計画していることを文書で表明。外国為替市 場での通常の介入を行わない方針を示した。

浙商証券の張彦斌アナリストは「為替市場での介入打ち切りにより 中国株への資金流入が増え、流動性が高まる可能性がある」と指摘して いる。

【インド株式市況】

インド株式相場は取引終了間際に下げ幅を拡大した。指数のS&P センセックス指数が前日まで3営業日続伸したことを背景に、ポジショ ンを縮小する動きが優勢となった。

ICICI銀行が3.3%下げ、銀行株指数は2週間ぶり大幅安。時 価総額でインド最大の製薬会社、サン・ファーマシューティカル・イン ダストリーズは1.5%下落し、ヘルスケア株指数を押し下げた。二輪メ ーカーのヒーロー・モトコープは9月20日以来の大幅下落で、自動車関 連銘柄も総じて安い。

ムンバイ市場でS&Pセンセックス指数は前日比255.69ポイント (1.2%)安の20635.13で終了。これは5日以降で最もきつい値下が り。同指数は前日までの3営業日で3.5%上げていた。

キャピタル・ファーストのブローキング責任者、ジテンドラ・パン ダ氏は電話インタビューで、この日の「米連邦公開市場委員会( FOMC)議事録の公表を控え、一部の投資家が慎重となりポジション を手じまった」と述べ、「悪いニュースを警戒して、銀行株でも利益確 保の動きがある」と続けた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比45.24ポイント(0.9%)安 の5307.67。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比14.40ポイント(0.7%)安の2017.24。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比55.75ポイント(0.7%)安の8204.46。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE