コンテンツにスキップする

ECBバイトマン氏、一段の金融緩和は賢明でない-ツァイト紙

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、バイトマン・ドイツ連邦銀行総裁は、これ以上の金融緩和 は賢明ではないとの考えを示した。独紙ツァイトが同総裁とのインタビ ューを報じた。

それによると、バイトマン氏は現時点での一段の金融緩和が「賢明 だとは思わない」とし、「技術的には、選択肢が尽きたということでは ない。しかし、問題は何が賢明かということだ」と語った。「さらなる 行動についての議論は、今回の危機の根本原因から視線をそらさせる」 とも論じた。

「インフレ期待は実際、非常に落ち着いているため、拡張的な金融 政策は妥当だ」と付け加えた。

ECBは今月、政策金利を引き下げた。ドラギ総裁は利下げ決定の 理由として、ユーロ圏が「長期にわたる低インフレに直面する可能性」 を挙げていた。また、利下げの時期について反対した政策委員もいたと 関係者が明らかにしていた。

原題:Weidmann Says Not Sensible to Further Loosen Monetary Policy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE