コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(11月20日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧 下さい。

●日本株は続落、金融や不動産弱い-過熱感、高値購入組の売り圧力も

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京株式相場は続落。先週の急騰を受けた短期過熱への警戒が続き 年初来高値を付けた5月の上昇局面で買った向きの売り圧力も強いとみ られた。業種別では、直近の強さが目立っていた保険や銀行などの金融 株が安く、電気・ガスや不動産、建設など内需関連株が相対的に弱い。

TOPIXの終値は前日比3.43ポイント(0.3%)安の1233.43、日 経平均株価は50円48銭(0.3%)安の1万5076円8銭。

みずほ投信投資顧問の岡本佳久執行役員は、急ピッチの上昇の後で 「日経平均1万5000円を固めるような動きになっている」と指摘。証券 優遇税制の廃止を前に売りが出やすい中で、「日本銀行の追加金融緩和 など強い材料がなければ、どんどん上がっていく展開にはなりにくい」 との見方を示した。

東証1部業種別33指数は保険、銀行、電気・ガス、不動産、水産・ 農林、建設、その他金融、陸運など24業種が下落。個別では、前日に決 算を発表した東京海上ホールディングス、MS&ADインシュアランス グループホールディングス、NKSJホールディングスの損保3社がそ ろって安い。SMBC日興証券が投資判断を「アンダーパフォーム」に 下げたスタートトゥデイも売られた。

一方、繊維製品やパルプ・紙、鉱業、ゴム製品、食料品など9業種 は上昇。個別では、米ヒューレット・パッカードと複写機事業で提携を 検討している、と共同通信がきょう報じたシャープが急伸。情報通信材 料の下振れ懸念がおおむね株価に織り込まれ、投資機会が到来したと し、野村証券が投資判断を「買い」に上げた東レも高い。

東証1部の売買高は概算で21億7821万株、売買代金は1兆7658億 円、値上がり銘柄数は805、値下がり791。国内新興市場は、東証ジャス ダック指数が0.1%高の95.92と反発、マザーズ指数は2.3%高の873.44 と7日続伸した。

●債券先物が反落、米債安受け売り優勢-日銀買いオペ受け一時上昇も

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

債券先物相場は反落。前日の米国債相場が下落した流れを引き継ぎ 売りが優勢となった。ただ、日本銀行の国債買い入れオペで需給の良好 さがあらためて確認されたことで、一時上昇に転じる場面もあった。

東京先物市場で中心限月の12月物は前日比3銭安の144円93銭で開 始した後、いったん1銭高の144円97銭に上昇した。その後水準を切り 下げ、一時144円86銭まで下落。午後の取引開始直後には再び144円97銭 に上昇したが、144円95銭から144円91銭の間で一進一退の展開が続いた 後、終盤にかけて144円88銭まで下落。結局、5銭安の144円91銭で引け た。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の331回債利回 りは横ばいの0.615%で開始。直後に0.5ベーシスポイント(bp)低い0.61 %に下げた後、再び0.615%で推移。午後の取引では再度0.61%に低下 している。20年物の146回債利回りは一時1.51%に上昇したが、午後に 入ると1.5bp低い1.49%に低下。30年物の40回債利回りは0.5bp高 い1.665%で推移していたが、午後は1bp低い1.65%まで低下してい る。

日銀が午前に実施した長期国債買い入れオペの結果によると、残存 期間「1年超3年以下」、「3年超5年以下」、「10年超」の3本とも 応札倍率が前回から低下した。国債市場で売り圧力が弱まっていること が示され、午後の相場の支えとなった。

●円が上昇、日本株安受けて買い優勢-対ドルで一時99円台後半

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京外国為替市場では円が上昇。日本株が下落したことを背景に買 いが優勢となった。対ドルで一時1ドル=99円台後半まで買われたほか 主要16通貨に対しても小幅ながらほぼ全面高となった。

この日のドル・円相場は、前日の米国時間にドル高・円安が進んだ 流れを継続して始まったものの、取引が進むにつれて円買い優勢の展開 となった。午前の取引終盤にかけては99円94銭まで円が上昇した。

みずほ証券の鈴木健吾チーフFXストラテジストは、この日のド ル・円について、朝方は、「日経平均株価が上昇し、貿易収支の赤字も 1兆円台に乗せたこともあり、一時100円22銭のドル高値をつけた」と 説明。しかし「株価が高く寄り付いた後、ずるずると落ちてきて、ド ル・円も上値が重くなった。上値は重いものの、100円割れでは一定の 買いが入る感じ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE