コンテンツにスキップする

ロンドン外為:ドル100円台、FRB議長発言で下落-ユーロ堅調

ロンドン時間20日午前の外国為替市 場でドルは対円で下落。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議 長が19日、事実上のゼロ金利は資産購入終了後も「相当の期間」続くと 発言したことで弱含んだ。ユーロはアジア時間に一時、円に対して4年 ぶり高値を付けた。

ロンドン時間午前6時54分現在、ドルは対ユーロでほぼ変わらずの 1ドル=1.3543ドル。アジア時間に一時1日以来の安値の1.3579ドルを 付けた。対円は0.1%安の1ドル=100円07銭。ユーロは対円で小動きの 1ユーロ=135円52銭。一時は2009年10月以来の高値の135円95銭に達し た。

原題:Dollar Falls on Bernanke Rates Outlook; Euro-Yen at 4-Year High(抜粋)

--取材協力:Ken McCallum. Editors: Ken McCallum, Naoto Hosoda

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE