コンテンツにスキップする

シャープ株価急伸:米HPと複写機事業で提携検討との報道

シャープ株価が20日午前の市場で急 伸、一時前日比9%高と約4カ月ぶりの日中上昇率となった。同社が米 ヒューレット・パッカード(HP)と複写機事業で提携を検討している と伝えられた。

共同通信の英語ニュースが、シャープがHPと複写機事業で提携を 検討していると短信で報じた後、株価は7月2日以来となる上昇率を記 録し、同7.9%高の300円で午前の取引を終えた。一方、日経新聞もシャ ープがHPに複写機をOEM(相手先ブランドによる生産)供給するこ とを検討していると伝えた。現時点でシャープ、HPの広報からコメン トは得られていない。

韓国のサムスン電子は今年3月、シャープの複写機事業買収を提案 したが拒否されたことを明らかにしていた。

エース経済研究所の安田秀樹アナリストは「複写機であれば利益率 も高く、売り上げを伸ばせば利益も伸びる。早めの一手として評価でき る」とした上で、「OEMは技術流出の心配もなく、サムスンと組むよ りビジネスの条件としてはよい」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE