コンテンツにスキップする

今年の米年末商戦、09年以来の厳冬か-顧客呼び込みに奮闘

米小売各社は2009年以来の厳しさと なりそうな今年の年末商戦に向け、これまでより早い時期から値引きを 開始している。

ウォルマート・ストアーズは32インチ薄型テレビを98ドル(約9800 円)と、昨年の148ドルから大幅に値引きしている。百貨店チェーンの シアーズ・ホールディングスは予約販売手数料を無料とし、Kマートは 購入選択権付きレンタルを導入。十社を超える小売業者が開店時間の前 倒しや、例年は店を閉める感謝祭当日の営業を打ち出している。感謝祭 翌日の「ブラックフライデー」の買い物客1人に100万ドルをプレゼン トするという米衣料品チェーン最大手ギャップ傘下、オールド・ネイビ ーの企画は注目度抜群だ。

今年は消費者の財布のひもが固い上に年末商戦の期間が例年より短 い。そのため、小売り各社は1年で最大の稼ぎ時である年末商戦を勝ち 抜くため、さまざまな工夫を凝らしている。家計の可処分所得は4年連 続で小幅な伸びにとどまっている。従って、株式相場の上昇による恩恵 などで高所得者層に余裕が広がる一方で、低所得者層は今年もさほど陽 気な年末とはならない見込みだ。

コンサルタント会社カスタマー・グロース・パートナーズのクレイ グ・ジョンソン社長は「現在の3割引きよりさらに大幅な値引きが実施 されるだろう」と指摘。小売り各社が大量の在庫を抱える状況は、来年 に向けて好ましくないと述べた。

調査会社ショッパートラックによると、年末商戦の売上高は前年 比2.4%増と、リセッション(景気後退)が終了した09年以来最も小幅 な伸びにとどまる見通しだ。

原題:Wal-Mart Touts $98 TV as Holiday Seen Weakest Since 2009: Retail(抜粋)

--取材協力:Lindsey Rupp. Editors: Robin Ajello, Kevin Orland

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE