コンテンツにスキップする

【個別銘柄】MS&ADやツムラ安い、シャープ急伸、IPO

きょうの日本株市場で、株価変動材 料があった銘柄の終値は以下の通り。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725): 前日比1.8%安の2704円。19日発表の2014年3月期業績予想で、連結経 常利益を前期比27%増の1910億円に据え置いた。ブルームバーグ・デー タによるアナリスト予想平均の2017億円に届かなかった。

ノジマ(7419):13%安の886円。公募増資などで最大約34億円を 調達する、と19日発表した。公募増資315万株とオーバーアロットメン トによる売り出しに伴う第三者割当増資57万株を実施する。発行済み株 式数は最大で18%強増えることから、1株価値の希薄化や株式需給の悪 化を警戒した売りが膨らんだ。

ツムラ(4540):2.4%安の2717円。クレディ・スイス証券が19日 付で、投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」に、目標株価 を3100円から2800円に下げた。漢方薬の需要は堅調だが、生薬コストの 再上昇が収益を圧迫すると指摘。今期営業利益予想を会社計画並み の247億円から227億円に、来期を250億円から225億円にそれぞれ減額し た。

シャープ(6753):7.6%高の299円。三菱UFJモルガン・スタン レー証券が19日付で、投資判断を「アンダーパフォーム」から「中立」 に引き上げた。上期決算や中小型液晶の収益改善が想定より早いこと、 ビジネスソリューションやソーラーの好調を勘案し、14年3月期の営業 利益予想を619億円から882億円(会社計画800億円)、来期を915億円か ら1060億円にそれぞれ増額した。新目標株価260円。このほか、同社が 米ヒューレット・パッカード(HP)と複写機事業で提携を検討してい る、と共同通信の英語ニュースが伝える材料もあった。

スタートトゥデイ(3092):3%安の2950円。SMBC日興証券 が19日付で、投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に変更し た。目標株価を算出基準年変更に伴い2600円(従来2200円)に上げる一 方、上値余地がカバレッジ相対で低いため、投資判断を引き下げたと説 明。新目標株価は、「WEAR」など新サービスへの期待先行で、現状 株価を上回る水準にあると指摘した。

フジクラ(5803):3.7%高の477円。クレディ・スイス証券が19日 付で、目標株価を500円から610円に引き上げた。投資判断は「アウトパ フォーム」を継続。7-9月決算で、FPC事業で3つの好材料が見つ かったが、株式市場ではその認識がいまだに乏しいと指摘する。今期営 業利益予想を175億円から205億円(会社計画170億円)、来期を265億円 から270億円に増額した。

コスモ石油(5007):2.3%高の179円。三菱UFJモルガン・スタ ンレー証券が19日付で、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」 に、目標株価を190円から220円に引き上げた。東日本大震災から石油製 品の供給体制が不十分だったが、今下期に千葉製油所の体制が回復し、 来期には震災前の利益水準に近づく可能性がある、と指摘した。経常利 益は、今期が480億円(会社計画540億円)、来期が705億円を見込む。

オリコン(4800):1.5%高の351円。10万株(発行済み株式総数 の0.68%)、金額では5000万円を上限とした自社株取得の方針を19日発 表した。取得期間は20日から12月27日まで。株式需給の引き締まりを期 待した買いが優勢となった。

日本マイクロニクス(6871):ストップ高に当たる150円(21%) 高の870円。 14年9月期の連結営業利益は前期比22%増の17億円になる 見通し、と19日に発表した。半導体市場ではスマートフォンやタブレッ ト端末向けが引き続きけん引役になり、同社の製品需要も底堅く推移す ると予想。ブルームバーグ・データによるアナリスト3人の事前予想平 均は12億円だった。

M&Aキャピタルパートナーズ(6080):東京証券取引所のマザー ズ市場に新規株式公開(IPO)した。買い気配が続き、取引終了時点 の気配値は公募価格(3000円)の2.3倍に当たる6900円。同社は、M& A(合併・買収)の仲介事業を手掛ける。高齢化などに伴い中堅・中小 企業のオーナーが事業の引き継ぎや清算などの問題を抱えた際、提案か ら実現までのサポートを行う。

メディアドゥ(3678):東証マザーズ市場にIPOした。買い気配 が続き、取引終了時の気配値は公募価格(3300円)の2.3倍となる7590 円。同社は、電子書籍事業を主力とし、出版社などからコンテンツを仕 入れ、システムを通じて顧客の電子書店向けに取り次ぎ、スマートフォ ン(スマホ)などモバイル端末向けに配信する。このほか、自社運営の 電子書店での販売も手掛ける。

ANAP(3189):前日に東証ジャスダック市場にIPOし、上場 初日を買い気配で終えていた。2日目のきょうも買い気配が続き、午後 2時前に公開価格(1000円)の5.1倍に当たる5100円で初値を付けた。 その後は売りに押され、初値比ストップ安の4100円で終了。同社は、主 に10-20代の女性を対象としたカジュアル衣料を販売する。店舗営業の ほか、ANAPブランドのショッピングサイトを運営し、インターネッ ト販売にも注力している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE