コンテンツにスキップする

NYカカオ豆、2年ぶり高値-降雨で西アフリカの収穫に支障

ニューヨーク市場のカカオ豆(ココ ア)先物相場は約2年ぶりの高値を付けた。世界最大の産地である西ア フリカでの収穫が降雨の影響で遅れると予想されていることが要因。ス イスのバリーカレボーなどチョコレートメーカーのコストが増加する可 能性がある。

米コモディティ・ウェザー・グループの農業気象予報士、デービッ ド・ストレート氏は19日の電話インタビューで、コートジボワールとガ ーナの一部の産地で向こう10日間の降雨量が平年の最大200%に達する との見通しを示した。

ICEフューチャーズUS(ニューヨーク)のカカオ豆先物2014年 3月限終値は前日比0.5%高の1トン当たり2795ドル。一時は2820ドル と、中心限月としては11年9月15日以来の高値を付けた。年初来で は25%上昇し、S&P・GSCIスポット指数を構成する商品24銘柄の 中で最大の上昇率を示している。

原題:Cocoa Climbs to Two-Year High as Rains Slow West African Harvest(抜粋)

--取材協力:Claudia Carpenter. Editors: Thomas Galatola, Millie Munshi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE