コンテンツにスキップする

NY銅:反発-欧州新車販売の増加で、一時は14週間ぶり安値

19日のニューヨーク銅先物相場は反 発。一時は14週間ぶり安値を付けたものの、欧州新車販売が増加し、銅 需要の堅調さが示された。

欧州自動車工業会(ACEA)が19日発表した10月の新車販売台数 は前年同月比4.6%増。9月は5.5%増えていた。米連邦準備制度理事会 (FRB)のバーナンキ議長は同日、ワシントンで講演する。次期 FRB議長に指名されたイエレン副議長は、金融刺激策の縮小に先立っ て米経済の改善が必要だとの認識を示している。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話取材に対し、「新車販売の 改善は強材料だ」と指摘。「投資家は緩和縮小時期について米金融当局 のより明確な説明を求めている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限は前日比0.2%高の1ポンド=3.166ドルで終了。一時は0.8%安 の3.135ドルと、中心限月としては8月7日以来の安値を付けた。

原題:Copper Rises From 14-Week Low as European Auto Sales Increase(抜粋)

--取材協力:Maria Kolesnikova. Editors: Patrick McKiernan, Joe Richter

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE