コンテンツにスキップする

国連事務総長:温暖化対策で一部先進国の後退を非難

国連の潘基文事務総長は、一部先進 国の地球温暖化問題に対する取り組みが後退していることを厳しく非難 した。事務総長はフィリピンを襲った超大型台風は行動を促す警告だと 述べた。

潘事務総長は19日、ワルシャワで開かれている国連気候変動枠組み 条約の第19回締約国会議(COP19)で先進国の中には「リーダーシッ プを発揮すべきなのに、後退している国がある」と述べ、「極めて失望 した。われわれは直ちに行動する必要がある」と続けた。

日本は先週、温暖化ガスの削減目標を引き下げた。東京電力福島第 1原発事故を受けて原子力発電所が稼働を停止し、従来の削減目標の達 成が困難になったことが背景だ。

原題:UN Chief Scolds Rich Countries for Backtracking on Climate Plans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE