コンテンツにスキップする

ベイルートのイラン大使館近くで自爆テロ、23人が死亡

レバノンの首都ベイルートのイラン 大使館近くで自爆テロが発生、少なくとも外交官を含む23人が死亡し た。イスラム武装組織ヒズボラが5月に隣国シリア内戦への関与を表明 して以来、ベイルートでは今回を含め3度の爆弾テロが発生している。

レバノンの国営通信が伝えたところによると、今回の爆発で少なく とも147人が負傷した。AP通信は国際テロ組織アルカイダの関連組織 が犯行声明を出したと報じた。

イランが支援するシーア派組織ヒズボラは、主にスンニ派で構成さ れる反政府勢力に攻撃を加えるシリアのアサド政権を支援している。

原題:Suicide Bombs Near Iranian Embassy in Beirut Leave 23 Dead (4)(抜粋)

--取材協力:Kambiz Foroohar. Editors: Francis Harris, Amy Teibel

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE