コンテンツにスキップする

米JPモルガン:中国光大銀行IPOで幹事外れる-関係者

米銀JPモルガン・チェースが中国 光大銀行の香港での新規株式公開(IPO)で幹事を務める計画を撤回 したと、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。JPモルガンは中国 での採用慣行をめぐり米当局から調査を受けている。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、JPモルガンは光大 銀行に、当局の調査のために行内での承認プロセスが遅れたため幹事か ら外れると伝えた。JPモルガン広報担当のブライアン・マーチオニ氏 はコメントを控えた。

JPモルガンが中国で、人脈を持つ政治家や自社顧客の子供や親戚 を優先的に採用し業務獲得を図った疑いを米当局が調査していると、事 情に詳しい関係者が8月に述べ、JPモルガンは調査に協力していると コメントしていた。

米証券取引委員会(SEC)が5月に、中国光大集団の唐雙寧会長 の息子に関する記録提出をJPモルガンに求めたと、米紙ニューヨー ク・タイムズ(NYT)が8月に政府の機密文書を基に報じた。

光大銀行は10月に、最大120億株を売却するIPOの承認を得たと 明らかにした。光大銀の取締役会秘書のル・ホン氏に取材を試みたが応 答はない。関係者によれば、同行は20億ドル(約2000億円)規模の IPOを計画している。

原題:JPMorgan Said to Exit Everbright Bank Offering Amid U.S. Probes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE