コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:H株指数3月来の高値、中国株下落

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が上げ、3月以 来の高値で引けた。中国の改革案への期待から、エネルギー関連や保険 株が上昇した。

中国の石油・ガス生産最大手ペトロチャイナ(中国石油、857 HK) は2.5%高。中国最大の保険会社、中国人寿保険(2628 HK)は4.8% 高。同社を中国の政策転換で多大な恩恵を受ける企業のリストにシティ グループが加えたことが手掛かり。

一方、今年に入って上げが目立っていた情報技術(IT)や消費サ ービス関連は売られた。テンセント・ホールディングス(騰訊、700 HK)は1.6%安。

H株指数は前日比0.5%高の11365.45と、3月11日以来の高値で取 引を終了。ハンセン指数は同2.25ポイント安の23657.81で引けた。一時 は0.8%高となる場面もあった。

RBCインベストメント(アジア)のファンドマネジャー、テレ サ・チョウ氏は、「市場は引き続き、詳細が公表された改革案について 楽観的だ」と指摘した。

【中国株式市況】

中国株式相場は4営業日ぶりに反落。金融株と乳業関連銘柄が売ら れた。上海総合指数のバリュエーション(株価評価)は前日、ここ約1 カ月で最高の水準に達していた。

乳児用粉ミルクメーカーの浙江貝因美科工貿(002570 CH)は5.6% 安。中国の一人っ子政策緩和が業績向上につながるとの見方から、前日 までの3営業日で14%上げていた。同じく乳業関連で、10月に上場来高 値を付けていた内蒙古伊利実業集団(600887 CH)も5%安。過去3営 業日で18%上げた海通証券(600837 CH)は2%安。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比4.09ポイント(0.2%)安の2193.13。上海、 深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は同0.7%安の2412.16。

徳邦証券のアナリスト、チャン・ハイトゥン氏(上海在勤)は、中 国当局による1990年代以降で最も大掛かりな経済改革案の公表を受け上 海総合指数が前日までの3営業日で5.2%上げていたため、投資家は 「ひと息ついている」と指摘。19日の下げは「一時的」で、「短期的に は改革への期待から上昇を維持することは可能だ」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のS&Pセンセックス指数は3営業 日続伸。米金融当局の量的緩和継続を背景に、インド株式への資金流入 が増すとの観測が高まった。

エンジニアリング会社ラーセン・アンド・トゥブロは4カ月ぶり高 値を付けた。インドステイト銀行は1カ月ぶりの4日続伸。一方、亜鉛 とアルミ生産でインド最大手のセサ・スターライトは1カ月ぶり安値と なった。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比40.08ポイント(0.2%) 高の20890.82で終了。この日は方向感のない取引に終始した。

外国人投資家のインド株売買動向は、月初来で6億707万ドルの買 い越し。10月までの2カ月では49億ドルの買い越しだった。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比31.76ポイント(0.6%)安 の5352.90。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比20.83ポイント(1%)高の2031.64。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比68.75ポイント(0.8%)高の8260.21。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE