コンテンツにスキップする

NY外為:ユーロが対円で4年ぶり高値-ECB当局者発言で

19日のニューヨーク外国為替市場で はユーロが対円で4年ぶり高値に上昇。欧州中央銀行(ECB)のアス ムセン理事が低インフレと闘う手段としてマイナス金利を適用する場合 には「極めて慎重であるべきだ」と述べたことが手掛かりとなった。

ドルは2週間ぶり安値を付けた。シカゴ連銀のエバンス総裁は講演 で、債券購入プログラムの縮小を開始する前に労働市場が「十分に改 善」したことを当局者らは確認しようとしていると述べた。世界的なボ ラティリティを示す指数は月初来の水準に下げた。エコノミスト予想で は20日に発表される10月の米小売売上高は前月比で増加したと見込まれ ている。前月は減少した。

UBSシニア為替ストラテジストのジェフリー・ユー氏(ロンドン 在勤)は「ECBが量的緩和やマイナス金利などの積極策を講じようと しているのではとの観測があった。しかしそれ以降のECB当局者の発 言内容を受けて、そうした観測は後退した」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対円で0.4%上昇して135 円57銭。一時は135円71銭と、2009年11月以来の高値をつけた。ユーロ は対ドルで0.2%上昇して1ユーロ=1.3538ドル。ドルは対円で0.2%高 の1ドル=100円14銭。

ブルームバーグ米ドル指数はほぼ変わらずの1015.00。一時は6日 以来の低水準となる1013.11をつけた。

アスムセン理事の発言

アスムセン理事はオーストリアのORFラジオとのインタビュー で、「中銀預金金利をマイナスにすることも取り得る選択肢の一つだ。 そのような措置について私は極めて慎重であるべきだと考えるが、基本 的に排除したくはない」と語った。ユーロは主要通貨の大半に対して上 げた。

先進10カ国・地域通貨で構成するブルームバーグ相関加重指数によ れば、ユーロは過去1カ月間で0.6%上昇。ドルは1.8%上昇。円は1% 下落した。

ドルは主要通貨の大半に対して続落した。ニューヨーク連銀のダド リー総裁は前日、米経済が力強さを増すとの「期待を強めつつある」と 述べた一方で、債券購入策が近く変更されることはないことを示唆し た。

ブルームバーグ・ニュースが11月8日にまとめた調査の中央値によ ると、月間850億ドルの資産購入ペースは来年3月18-19日の米連邦公 開市場委員会(FOMC)で同700億ドルに縮小されるとみられてい る。

ボラティリティ指数

JPモルガン・チェースのグローバルFXボラティリティ指数は5 日連続低下。一時は7.75%と、日中ベースとしては10月31日以来の低水 準に下げた。

ブルームバーグのまとめたエコノミスト調査によると、20日に発表 される10月の米小売売上高は前月比で0.1%増が予想されている。前月 は0.1%の減少だった。同日発表される消費者物価指数(CPI)は前 月比横ばいと予想されている。前月は0.2%の上昇だった。

経済協力開発機構(OECD)が19日公表した半期経済見通しによ ると、米国の今年の成長率を1.7%、来年は2.9%と予想。世界経済の成 長率を今年が2.7%、来年は3.6%と予想した。5月時点ではそれぞ れ3.1%、4%と見込んでいた。

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、この日の外為オプションの店頭取引は610億ドルと、前日の550億 ドルから拡大した。

原題:Euro Gains to Highest in Four Years Versus Yen on ECB Comments(抜粋)

--取材協力:Candice Zachariahs、Kristine Aquino、Neal Armstrong. Editors: Kenneth Pringle, Greg Storey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE