コンテンツにスキップする

中国株(終了):4営業日ぶり反落-乳業や金融銘柄が安い

中国株式相場は4営業日ぶりに反 落。金融株と乳業関連銘柄が売られた。上海総合指数のバリュエーショ ン(株価評価)は前日、ここ約1カ月で最高の水準に達していた。

乳児用粉ミルクメーカーの浙江貝因美科工貿(002570 CH)は5.6% 安。中国の一人っ子政策緩和が業績向上につながるとの見方から、前日 までの3営業日で14%上げていた。同じく乳業関連で、10月に上場来高 値を付けていた内蒙古伊利実業集団(600887 CH)も5%安。過去3営 業日で18%上げた海通証券(600837 CH)は2%安。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比4.09ポイント(0.2%)安の2193.13。上海、 深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は同0.7%安の2412.16。

徳邦証券のアナリスト、チャン・ハイトゥン氏(上海在勤)は、中 国当局による1990年代以降で最も大掛かりな経済改革案の公表を受け上 海総合指数が前日までの3営業日で5.2%上げていたため、投資家は 「ひと息ついている」と指摘。19日の下げは「一時的」で、「短期的に は改革への期待から上昇を維持することは可能だ」と述べた。

原題:China Stocks Fall for First Time in 4 Days as Dairy Shares Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE