コンテンツにスキップする

ケネディ新大使:陛下へ信任状、馬車で皇居-父暗殺から50年

故ケネディ元米大統領の長女で、 初の女性駐日米大使となるキャロライン・ケネディ氏が19日午後、皇居 で天皇陛下への信任状奉呈(ほうてい)式を終え、正式に大使として着 任した。大使は儀装馬車で皇居入りし、沿道からは数千人が見守った。

千代田区丸の内の明治生命館前でケネディ大使(55)を乗せて出発 した2頭立て馬車は騎馬隊に先導され、馬場先門の交差点を右折し皇居 正門を入った。信任状奉呈式は、新任の外国の特命全権大使が天皇陛下 に本国の元首からの信任状を手渡す儀式。

奉呈式を終えて明治生命館に戻ったケネディ大使は「ただ今、天皇 陛下に対して信任状を奉呈することができました。この儀式をもって私 の大使としての仕事が始まるわけであります。母国を代表することがで きて、大変に光栄に思います」と記者団にコメントした。

沿道で馬車を見ていた主婦の井上千代子さん(67)は、父親のケネ ディ大統領の葬儀での、当時5歳の新大使の姿を思い出していた。大使 は「かわいらしくて、痛ましかった」という。就任については「とても 嬉しく思います。手腕に期待したいです」と述べた。

元会社員の谷中藤雄さん(76)はケネディ元大統領の「遺志を継い で欲しい」という。「彼女は外交経験がないと言われていますが、名声 が手腕ですから、素人でも大丈夫」と述べた。大使が馬車に乗りこむと きに名前を呼びかけた大田区の西村ちえこさん(78)は「日本の皆さん は待っていた、それを伝えてください」と話した。22日にケネディ元大 統領の暗殺から50年の節目となる。

馬車は「美術品的価値」

宮内庁のウェブサイトによると大使は奉呈式のための皇居への出入 りに際し、皇室用の自動車か馬車を選ぶ。馬車はほとんどが明治の終わ りから昭和の初めに製造されたもので「美術品的価値も有して」いると いう。

ケネディ大使はこれまで弁護士、作家などとして活動、夫のエドウ ィン・シュロスバーグ氏との間に3人の子どもを持つ。在日米大使館ウ ェブサイトなどに掲載されている大使のビデオメッセージによると、20 歳のとき、叔父のエドワード・ケネディ上院議員と共に広島を訪問した ことをきっかけに、より良い平和な世界の実現に貢献したいと切に願う ようになったといい、新婚旅行では奈良と京都を訪れた。

前任のルース氏、ブッシュ前政権下でのシーファー氏に続く民間か らの起用となる。ケネディ大使はオバマ大統領が初当選した2008年の大 統領選からの有力支持者。

--取材協力:Brian Fowler、Terje Langeland. Editors: 宮沢祐介, 中 川寛之

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE